国民年金基金の基礎知識

国民年金(老齢基礎年金)との関係

自営業などの方で国民年金だけに加入している方と、サラリーマンのように国民年金と厚生年金の両方に加入している方では、将来の年金受給額に大きな差が生じます。
この差を埋めるために、老齢基礎年金(国民年金)に上乗せできる公的な年金制度としてできたのが国民年金基金です。

国民年金基金と国民年金との関係について

まずは国民年金基金をご理解いただく前に、公的年金制度についてご理解いただく必要があります。 国民年金は、国民が老後も健康的な生活を送るために必要な生活費を確保するための公的年金です。国民年金は20歳以上60歳未満の国民に加入が義務付けられ、65歳以上の国民に老齢基礎年金として給付されます。

国民年金基金と国民年金との関係

年金の仕組み

国民年金以外にも公的年金があります。
サラリーマンなどの給与所得者を対象にした厚生年金、公務員などを対象にした共済年金など。
国民年金に上乗せされる年金制度です。

自営業者には、平成3年4月以前まで国民年金に上乗せする公的な制度はありませんでしたが、平成3年5月、自営業者などを対象とした国民年金基金制度ができ、サラリーマンや公務員と同様な年金が受け取れるようになりました。

将来受けられる年金額差の解消になる国民年金基金ですが、強制的に加入しなければいけないものではなく、任意での加入となっています。 ゆとりある老後のために自営業を営んでいる方などは、ぜひ国民年金基金への加入をご検討ください。

国民年金基金とは
gohumeina
お問い合わせ 資料加入申出書の請求
資料請求・お問い合わせは0120-65-4192 | 平日9:00〜17:00
Copyright (C) 2014 Kanagawaken Kokumin Nenkin Kikin. All Rights Reserved.