60歳以上65歳未満の方の加入について

国民年金に任意加入されている60歳以上65歳未満の方も国民年金基金に加入できるようになりました。

国民年金基金とは

自営業者やフリーランスなどの方々が、ゆとりある老後を過ごしていただけるように、国民年金(老齢基礎年金)に上乗せをした年金をお支払いする公的な年金制度です。

加入できる方は

国民年金基金は、これまで国民年金の保険料を納めている20歳以上60歳未満の方が加入できる制度でしたが、国民年金法の一部改正により、平成25年4月1日から日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満で国民年金に任意加入されている方も国民年金基金に加入できるようになりました。

※国民年金の任意加入制度は、60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合、お住まいの市区町村役場に申し出ることで60歳以降でも国民年金に加入することができる制度です。

国民年金基金のメリット

終身年金が基本

65歳から生涯受け取れる終身年金が基本になりますので、長い老後の生活に備えることができます。

税制上の優遇

掛金は、全額が社会保険料控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。また、受け取る年金にも公的年金等控除が適用されます。

加入は口数制です

給付(年金)の型は、終身年金2種類(A型・B型)と確定年金1種類(I型)の3種類があります。
1口目(必ず加入)と2口目以降(自由に選択)を組み合わせて選択することができ、掛金の上限(月額68,000円)以内であれば何口でも加入できます。
加入時の年齢(月単位)ごとに年金額が設定されていますので、何口加入するかによって受け取る年金額が決まります。
※確定年金の年金額は、終身年金の年金額(1口目を含めた額)を超えることはできません。

ご加入をお考えの方へ
gohumeina
お問い合わせ 資料加入申出書の請求
資料請求・お問い合わせは0120-65-4192 | 平日9:00〜17:00
Copyright (C) 2014 Kanagawaken Kokumin Nenkin Kikin. All Rights Reserved.