国民年金基金の特徴と加入のメリット

国民年金基金の特徴と加入のメリット

任意に加入する公的な制度、国民年金基金。給付される年金額や給付期間を将来設計にあわせたプランを組み立てることができます。 ここでは、国民年金基金の特徴やメリットをご紹介します。

国民年金基金の特徴

国民年金基金は、加入者の掛金を積み立て、それを財源として将来の年金給付を賄うという積立方式で運営されています。 国民年金基金は、自営業者などの老後の所得保証の役割を担う、国民年金とセットとなっている公的な制度。 公的な制度であることが国民年金基金の最大の特徴ですので安心してご利用ください。

終身年金が基本

国民年金基金は65歳から生涯給付が受けられる終身年金が基本となっています。 設定されている給付の型は終身年金2タイプと確定年金(設定されている期間給付が受けられる)5タイプ。 それらを組み合わせ、給付額やその給付される期間をご自身で決めることができます。

加入時に年金額が決まる 若い方は月々の掛金が安くなる

掛金は、加入するときの年齢や性別によって決められています。 途中組み合わせを変更しなければ、掛金は加入時から掛金終了時までずっと変わりません。そのため加入したときの年齢が若いほど月々の掛金は安くなっています。 20歳から60歳まで国民年金に加入していた場合、65歳からの老齢基礎年金は月額65,008円(平成27年4月から)です。

所得の変動に対応できる

国民年金基金に加入後、加入口数を増減させることができます。 事前にお申し出いただくことにより、その時々の収入や支出に合わせることができるようになっています。

掛け捨てではない

加入した方がサラリーマンになった方などの時には、国民年金基金を脱退することになりますが、脱退した場合でも解約されることなく、掛金の納付期間に見合った年金が将来受けることができます。

税制の優遇がある

税制面で優遇されています。 国民年金基金の掛金は、国民年金の保険料と同じく掛金の全額が社会保険料控除になり、お受け取りになる年金も、公的年金等控除の対象となっています。

60歳以上65歳未満の方の加入について
gohumeina
お問い合わせ 資料加入申出書の請求
資料請求・お問い合わせは0120-65-4192 | 平日9:00〜17:00
Copyright (C) 2014 Kanagawaken Kokumin Nenkin Kikin. All Rights Reserved.