国民年金基金受給者の声

「がんばった私!」編

国民年金基金を受給されている方の声をご紹介します。


足柄上郡在住 H・Mさん

主人が今年の3月に65歳になり、国民年金・年金基金を満額受け取れるようになり、大変家計が助かっています。

まだまだ健康で仕事を続けていますが、高齢になり仕事の量も少なくなり、収入が少なくなっているため、年金基金を掛け続けて、本当に良かったと思っています。


横浜市在住 K・Sさん

20才の時には年金なんて、と思っていましたが、40年間過ぎるのが早く感じました。入っていて良かったです。


横須賀市在住 S・Kさん

今のように知られていなくて何か良く分からないまま、横浜まで行って申し込んだのを昨日の様に覚えています。子供2人が大学生の時等、掛けるのは大変でしたが、頑張って続けていて今は本当に良かったと思っています。


秦野市在住 M・Hさん

私はサラリーマンの夫が亡くなり、国民年金を自分で払うことになりました。

神奈川県国民年金基金が設立され、当時は働いておりましたので何とか払えるかな?と思い、加入致しました。 60才~64才を小額にして65才~75才多くもらえるように設計したところ、税金もかからず基金のお陰で趣味の旅行が出来て、大変うれしいです。


川崎市在住 K・Tさん

私は遅くに加入したので、年金受給までに払い終えるのか心配でした。結局2年間の猶予期間内でなんとか払い終わりました。

今、「働かなくても振込まれてくるお金」として感謝です。出来る事ならもっと早くから掛けておくべきだったなと思ってます。


相模原市在住 K・Nさん

婦人服小売店の専従者でした。基金の創設時に控除の対象がなにもないからこれに加入したらとすすめられ、上限7万円で加入しました。

当時は景気も良く、苦もなく60才まで掛け続け去年65才より給付を受けています。店主であった母も亡くなり今は自分が経営者ですが、昨今の節約ブームとデフレで日々苦戦の毎日です。 今となってはしみじみと掛けておいてよかったと思っています。


藤沢市 Y・Tさん

発足時に申し込みました。その時は目先のお金が減って大変でしたが、今となってはとても助かってます。

今でも仕事を続けていますので、年金年金とカリカリしなくて済みますが、2ヶ月に一回そこそこのお金をいただけると気分が良くなり、うきうきして来ます。 人間にとって金銭にもゆとりが大切ですね。


横浜市在住 M・Nさん

制度スタート時に枠一杯加入したことで、国保や厚年と同額近くの年金を支給され、経済的に大きな支えとなっています。
加入対象者にもっと加入の呼び掛けをすることをすすめます。


横浜市在住 N・Kさん

年金が少ないので、基金に入っていて良かった。


国民年金基金受給者の声(勧められました。)
gohumeina
お問い合わせ 資料加入申出書の請求
資料請求・お問い合わせは0120-65-4192 | 平日9:00〜17:00
Copyright (C) 2014 Kanagawaken Kokumin Nenkin Kikin. All Rights Reserved.