国民年金基金受給者の声

「もっともっと知らせて!」編

国民年金基金を受給されている方の声をご紹介します。


川崎市在住 M・Nさん

現在は元気ですが、若い時、基金の存在を知らず知人に紹介され入りました。 当時は掛金が大変だと思いつつ払ってきました。今はこの基金の受取り無くしては生活が成立しないと思っています。 でも、これから先病気をしたり、動けなくなって来た時には、これでも足りなくなるはずです。若い皆さんに広く知って頂けるよう、広報を考えて下さい。


横浜市在住 H・Sさん

会社勤めをした事が無く、40歳頃まで年金に付いて関心がなく、知った時はまとめて払込み苦労をしましたので、娘には老後のためにと年金基金の手続きを私が致しました。

娘に年金基金を進めましたが、毎月入ってくる年金は少ないので親として心配になります。追加を払い込む方法を知りたいと思います。 又、娘も会社勤めをしておりません、若い頃は老いる事は余り考えませんので、この様な若い人たちはかなり多いのでは?


愛甲郡在住 M・Uさん

現在76歳になりますが、仕事も多少ある時はしております。 病院通いもやっぱり増えました。年金基金が出来た事はあまり知りませんでした。

妻が二人分入ったのですが、額が少ないとはいえ上乗せできていることは、嬉しいです。 時々DMとか息子たちに届いたりしているようですが、仲々封を開かないし、若い時はあまり考えていないように思います。 DMの効果は薄いように思いますので、新聞広告で大きく出したり、インターネットに出すことは如何でしょうか? 認知させる事が最も重要におもわれます。


川崎市在住 S・Hさん

国民年金の受給者にとっては、良い制度だと思っています。 もっと知って頂く様、PR活動したほうが良いと思います。


横浜市在住 A・Kさん

いきさつは知りませんが、設立委員ということに夫婦で選ばれ、最初から参加しました。 話をしましたら、ご夫婦で入られた方もいます。 委員としては何もしておりません。委員に選ばれなかったらこういう制度を知らず、参加もせず、年金も頂いていないかもしれません。周囲がどんどん貧しくなっていくみたいだし、制度を知らない人も多く、支えてくれる次世代の数が心配です。わかりやすいお知らせを字を大きく、多くの人に届けてください。

田舎暮らしも流行っていますので、県単位とか聞いたことが有りますが、魅力ある全国組織にして頂きたいと思います。


横浜市市在住 M・Nさん

私共は時代が良かったのか主人も忙しく働くだけの人で(建築板金業)、帳簿付の私は経費等も少なく税金少しで済めばと申告会にも教えていただいて、基金に入りました。 65才を迎えた今、仕事があれば引受ける無ければ無しで良いとの生活が出来るのも年金基金があればの事と感謝して居ります。 個人事業主の方は少々苦しく共税金で優遇されているのでおすすめします。


横浜市在住 Y・Wさん

厚生年金が約12年で一部繰上げ受給しましたので、月70,000弱で基金は月100,000程ですが、掛金がいっぱいで基金が受給+30,000程したかったと思います。 スタートをもう少し早くしておけばよかったと思っております。(46才スタート)


横浜市在住 K・Oさん

日本の年金制度にはいろいろ問題点もあるようだが。この国民年金基金はまれにみる国の良策といえる。 かねてから厚生年金との差別を感じていた私は、この制度が創設された時ただちに加入しました。

現在受給できる年齢になって、おかげで老後もある程度の生活が確保され、この制度のありがたみを実感しています。 基金連合会には今後とも当初の条件を継続するよう、最大の努力をして欲しい。

gohumeina
お問い合わせ 資料加入申出書の請求
資料請求・お問い合わせは0120-65-4192 | 平日9:00〜17:00
Copyright (C) 2014 Kanagawaken Kokumin Nenkin Kikin. All Rights Reserved.